前へ
次へ

行政書士の就職について

行政書士として働くことを希望している人がいます。主に官公署への書類の作成や申請を行うと言うことが業務となっているので、その仕事内容は実に多岐にわたっています。事実の証明に関する書類の作成やその代理や相談業務を行っていますが、就職をした後には次のような仕事を行っています。知的財産に関しては、著作権の登録や特許や商標の手続きや知的財産の管理や契約と言うことを行っています。この他に権利業務に関しての仕事もあります。借用書や嘆願書や各種契約書の作成を行っています。また相続や遺言に関する仕事もあります。ここでは遺言書や遺産分割協議書の作成や遺言執行の手続きなどを行っています。また離婚に関しては養育費や慰謝料や財産分与などの書類作成を行っています。

top用置換

top用置換2
Page Top